【ホーム:いらっしゃ~い
 
【Twitter:nakedsong_lg0
 
【Instagram:nakedsong_lg0
 
ご意見ご感想は、コチラまで
 
―にとべさん―

 

読書メモ

森内俊雄『道の向こうの道』(新潮社)を読んで気になったところをメモしておく。


43〜44ページ

 五月になった。わたしは「車」という詩の同人誌を創刊した。巻頭詩として、大阪YMCAの「詩のクラブ」で知遇を得た詩人港野喜代子の作品を掲載した。その詩は、この詩人の集大成である編集工房ノア刊『港野喜代子選集』からも洩れている。ここに再録しておこう。せめてもの恩返しである。


   結晶

私のこころに
あなたのこころに
太古の生きものの残した証拠がある

幾百万年 幾億年
耐えて来たのは人間だけではない

わずかな生涯を コップの中の
泡くずに浸っていたのでは
洪積世直前の氷河の動きはききとれない

常に大地の胸かき破って つかみだした
濁ったものをも順々に並べてみよう

煙色の水晶だってあるんだ
氷河の来る前に
人間の わびしい言葉を うんと集めて置こう

               (若人に おくる 一つ)


149ページ

 大阪へ帰った翌日、心斎橋北詰にある駸々堂へ行った。年の暮の気配は書店のなかへも立ち込めていたが、それでかえって新刊本の並びが楽しかった。ここには読書の沃野があった。それから道頓堀まで歩いて天牛書店へ行った。
 ここで不思議な古書を見つけた。直木三十五大阪物語』がのどかな函カバーにくるまれて、均一価格の平台にあった。本を手に取って、一冊を引き出すと、装幀は矢野橋村とあって、呉服模様を思わせる典雅なくるみのカバーがかかっている。手がこんでいて、外函、本表紙ともに装画のカバーでくるまれている。それを剥ぐと丸背の表紙は水色の布クロスで、そこに樹幹に取り付いた蝉が金箔押しで描かれていた。風流な侍が身をやつして花柳街を散策しているところを連想した。一目で気に入ったものの、カバーをはずした本体は、昭和九年七月に刊行された改造社直木三十五全集の第六巻である。本文は二段組みの総ルビだった。なんだかよく分からないが、安価なことと読んでみたくもあるので、買うことにした。お金を支払っていると、店主らしい人が微笑しながら言った。「学生はん、見つけものや、古本のおもろいところでんな」


道の向こうの道

道の向こうの道

そっと心に

心斎橋JANUSへ川村結花のライブをみにゆく。

好きと思っているミュージシャンは何人かいるが、自分の心にいちばん長く寄りそってくれているのは、やはり彼女の音楽だと思う。だからいつも心の中にそっとしまっておきたい。

わけあって少し緊張していたこともあり、ライブの細かい内容をあまり覚えていない。写真も一枚も撮っていない。でも心地よい夜であったことは間違いない。

灯りのない提灯

「ちょうちん通り」を見てみたいという友だちと裏天満へゆく。

夕暮れどき、狭い路地を抜けて「ちょうちん通り」にたどり着くと、確かにたくさんの提灯をぶら下げてはあるが、灯りがともっていない。下から覗きこむと電球もない。どうやら空の提灯をぶら下げてあるようす。これなら昼間の方がきれいかも。ちょっと残念…。それでもちゃんと写真は撮る。

さてどこかで飲みましょうか、となるが、決められない二人は裏天満の路地をふらふらさまよい歩く。

ようやく入ったスペインバルは料理も酒も美味しく結果オーライ。

次はカキ小屋に行きたいな。

よみぞめ

年が明けてすぐに松家仁之『光の犬』(新潮社)を読みはじめ、昨夜に読了。

外出するときも持ち重りのするこの本を常にたずさえ、寸分を惜しんで読みついでいた。長く濃密な文章で時間がかかったけれど、読んでいてとても気持ちの良い文章だった。

今まで気になりながらも読まずにいたが、今年はこのひとの作品をさかのぼって読んでいこうと思う。

そして、この本も図書館で借りて読んだけれど、手もとに置いておきたいから購入しようかと考えている。

復活バナナホール!


以前あった場所から徒歩3分のところに復活したバナナホールへ『ビギンのマルシャショーラ2』リリース記念ライブを観に行ってきた。

 

マルシャのリズムに合わせ、90分間歌いつづける彼らの姿をみて実感したこと……
それは、まえのバナナホールでやってた頃のBEGINを知っていることは、自分にとって大切な宝物だということ。
最近の彼らのライブも楽しいけれど、バナナホールのBEGINは自分にとって別格であり、これからどんなに素晴らしい歌い手と出会ったとしても、これは死ぬまで不変の想いだと思う。
彼らの音楽に出会えて本当によかった。ありがとうBEGIN!

ともだち


うららかな空のもと、数年ぶりに会う友だちと長居植物園でデート。
ぶらぶら歩いたり、木陰のベンチに座って缶コーヒーを飲んだりしながら3時間半もしゃべる。
別れ際、どうでもいい話ばっかりやったな〜と言って、わらいあい、手をふる。
陽はかたむき、ほほにあたる風は少し冷たくなっていた。
 
こんなふうに久しぶりに会っても、たわいない話を普通にできる友だちを大切にしたいと思う。